2013年09月10日

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。の舞台セットが新宿バルト9に登場

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。の舞台セットが新宿バルト9に登場しています。

私はまだ観ていないのですが、先日バルト9に行った際にこのような展示を行っていました。
どうやら舞台セットの模様。

DSC00813.JPG

DSC00814.JPG

DSC00815.JPG

DSC00816.JPG

DSC00817.JPG

DSC00818.JPG

DSC00819.JPG

DSC00820.JPG

DSC00821.JPG

DSC00852.JPG

DSC00853.JPG

DSC00854.JPG

DSC00855.JPG

DSC00856.JPG

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。は
今とても話題になっているようですね。


埼玉県は秩父が舞台。


個人的に、秩父には二回くらい旅行で行ったことがあります。
周りが山、山、山。


マイナスイオンが充満している大自然の中の
コテージでの宿泊は十年以上経った今でも記憶に残ってます。
空気が本当に澄んでいて寝起きがとても気持ちよかったです。

人間も自然の一部。
ときには大自然の恩恵を受けなけて英気を養わないといけませんね。


また行きたいなあ…!!


…と、話はちょっと脱線しましたが^^;


この映画、なんでもアラフォー世代には涙腺注意だとか…。
なんでアラフォー??観ればわかるのでしょうか?
(すみません予備知識が全くないもので…)

アラフォーでなくても号泣してしまいそうな内容のようです。



あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 Blu-ray BOX(完全生産限定版)



posted by ゆう at 00:05| 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月03日

小説が原作の映画。読んでから観る?観てから読む?

こんにちは。

さて、今回も雑談です。


映画って小説が原作の作品がありますよね?


さてさて、突然ですが、ここで質問です。
あなたは原作を読んでから観る派ですか?
それとも観てから読む派?


私は後者です。


といいますのも、小説を読んでから映画を観ると、
ほぼ100%面白さが半減するからです。


小説は文章だけですが、そのぶん読み手に想像力が必要です。


で、この想像力って本当にすごいんですね。
誰でも豊かな想像力を持っているんです。


その豊かな想像力で頭の中に描いた映像は
自分にとって紛れもなく最高の名作なのです。


そんな名作を観てしまった後に、
映像化された小説を観るととてもチープに感じるんですね。


だから小説が原作の映画は、予習という理由で観る前に読まないほうがいいです。


かといって観てから読むのも、実はそんなに…という気がします。


2〜3時間でうまくまとめられた映画を観てしまったあとは
原作の小節を読むとちょっとまどろっこしく感じます。


ただ、そのときは人物を映画のキャストで想像して読むので
自分が気に入った映画の原作を読むのならば
物語・世界感を深められるのでいいと思います。


こう考えてみるとやはり映画と小説というのは
全く別物なのだと思います。


ちなみにこういった作品を観るのであれば
その後のふたり


それぞれの楽しみがありそうですね。


ラベル:映画 小説
posted by ゆう at 22:34| 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月29日

映画館で見るときは平日昼間が最高。

こんにちは。
今回は趣向を変えて映画のレビューではなく、雑談です。
しばしお付き合いのほどよろしくお願いします。


突然ですが、映画館で見るときは平日昼間が最高です。
普通に生活していたらなかなか平日昼間に映画を観る機会はないかもしれません。


しかし有給とか、ちょっとした休みが取れた時には
ぜひ気になる映画を観に行くといいと思います。


なんといっても他のお客が少ないので
羽を伸ばしてのびのび鑑賞することができます(^-^)


私は以前、平日昼間に映画館に行き、
TAKESHI’Sを貸切状態で観たことがあります。


お客よりも映画館スタッフのほうが多いという…(笑)
なかなか格別のものでしたよ(^-^)


名画座なんかで複数本の映画を観るときも平日昼間がおすすめです。
一日中映画館に入り浸ることができて日常とは少しの間おさらばできます。


機会がありましららぜひ一度平日昼間の映画館を訪ねてみてください。
空いていておすすめです☆


ラベル:映画館
posted by ゆう at 17:28| 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TOPに戻る





映画(全般) ブログランキングへ

趣味・個人ランキング

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。