2012年05月02日

ファンタジア2000

ファンタジア2000


ファンタジア2000はディズニーの創造のたまものです。
イマジネーションが満ち溢れたアニメーションによる映像美です。

小さい子供たちにはこういう作品をたくさん見て
豊かな感性を育んでもらいたいと思います。

「ファンタジア2000」は、「ファンタジア」の2作目。
「魔法使いの弟子」も収録されています。

クラシックの名曲を聴いたインスピレーションを
ディズニーのアニメーターたちが想像力を思う存分発揮して制作された本作品。

アニメ界のみならず、映画界屈指の名作といわれています。

ひと目観れば納得です。

とくに私は、鯨が悠々と空を飛ぶ映像や
威風堂々のノアの箱舟の映像が素晴らしいなと思いました。

「魔法使いの弟子」はリメイクのようですが、
こちらもアニメでの水しぶきの表現には感服です。

夢と希望が溢れんばかりに詰まった「ファンタジア2000」。

全ての子供たちと、童心に返りたい大人たち、
そして芸術関係などの表現をする仕事をしている人には
ぜひ観てもらいたい映画です。

このような一流の作品が人間の感性を豊かにするのだと、強く思います。





posted by ゆう at 11:00| は行 の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月23日

ベストキッド

ベストキッド


「ベストキッド」は同名作品のリメイク版。

ほんと、いい映画です。
観たあと、ああ、いいなあ…と余韻にひたれます。

ジャッキーチェンがめっちゃいい味だしています。

ジャッキーといえば、アクションですが、
本作では割ともの静かな印象です。

でもほんとその抑えた演技というか、ただ佇まいが素晴らしいです。

心のふれあいが欲しい人、勇気が欲しい人にイチオシの映画です。



posted by ゆう at 00:15| は行 の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月10日

武士の一分

武士の一分

正直イマイチでした。
キムタクを見ているだけでいい、という人にはおすすめですが…。

キムタクの演技がいい、という人もいますが、
私はあまりグッときませんでした。
キムタクが時代劇に出演するのは、なんとも臨場感が感じられません。

殿様が食べる料理の毒見役という
映画で登場するのは稀な武士を描いていて、
そういった点では面白みはあるかもしれません。

質素な生活を送る武士はこんな様子なのか…と
興味深い点もあります。

原作はいいと思うのですが
映画はあまり期待しないほうがいいと思います。

posted by ゆう at 00:00| は行 の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TOPに戻る





映画(全般) ブログランキングへ

趣味・個人ランキング

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。