2012年05月01日

ザ・ウォーカー

ザ・ウォーカー


「ザ・ウォーカー」は最後まで見せ切る映画…!

凄まじいアクションが所々にあるのですが
全体的には静かな印象の映画。

なんといっても全編に渡る
世界滅亡後の荒涼とした風景や

とにかく映像美に目を奪われます。

オリジナルのタイトルは「イーライの本」。
一冊の本がキーワードです。

なぜ彼は一冊の本を持ち、ひたすら西へ向かうのか?
たどり着いた先には何があるのか?

その本の意味とは?

静かですが、最後まで見せ切る上質の映画です。

デンゼル・ワシントンが渋い!
ゲイリーオールドマンの悪役っぷりもよかったですね〜。

これ、好きな人にはとことんハマっちゃう映画ですね。








posted by ゆう at 15:27| さ行 の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TOPに戻る





映画(全般) ブログランキングへ

趣味・個人ランキング

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。